Facebook
※テキストメールでご覧になっている方へ
正しく表示されない場合はこちら
 こんにちは、横浜市市民協働推進センターの薄井です。
 東日本大震災から、10年の月日が経ちました。発災直後、どれほどの被害があり、それをどのように助け合い、支え合い、乗り越えてきたか。これからも発生し続けるであろう多様な災害に備え、命を守っていくために、あのときの経験や教訓を、未来へ伝えていかなければならないと強く思います。

 東北地方を中心に、甚大な被害をもたらした東日本大震災の余震は未だに続き、
2月13日に福島県沖で最大震度6強の地震がありました。10年という月日が日々積み重なっていく中で、記憶から失われていかないように、家族、友人、職場の同僚と、この機会に改めて「備え」について見直し、緊急時の行動について話し合ってみてはいかがでしょうか。
 
防災リーフレット(動画)

【Index】 ━━━━━━━━━━

1.イベント情報

ハマボノ2020 報告会

専門家とあそんで学ぶ親子でグローバルあそび体験&交流会

被災地にお菓子を届ける会

子ども食堂とアート体験 「ひな人形を作ってひな檀を飾ろう!」×「ちらし寿司作り」

 

2.助成金関連情報

2021年度公益信託中西茂雄高齢者福祉基金助成
1回(2021年度)東京海上日動キャリアサービス働く力応援基金
2021年度ニッセイ財団高齢社会助成「地域福祉チャレンジ活動助成
ヨコハマ・アートサイト「横浜で地域と共に活動する芸術⽂化事業」の助成
 
★☆★─────────────
 1.イベント情報 :*:★
★☆★─────────────
【3/20(土・祝)開催】ハマボノ2020 報告
 

実施主体:横浜市健康福祉局地域包括ケア推進課 

企画・運営:認定NPO法人サービスグラント

 働き世代からシニア世代までのプロボノワーカーが仕事で培った経験を生かして、地域活動団体の困りごとの解決に挑戦しました。

 プロボノワーカーたちが、ヨコハマプロボノ(ハマボノ)の魅力をお伝えします!

 

日時

令和3年3月20日(土・祝)13:30~16:30

 

開催方法

オンライン

 

参加費

無料

 

申込方法

以下のホームページからお申込みください。

https://hamabono.city.yokohama.lg.jp/

 

申込締切

令和3年3月18日(木)

 

問い合わせ

認定NPO法人サービスグラント

Email: hamabono@servicegrant.or.jp 

FAX: 03-6419-3885

【3/17(水)・4/21(水・5/26(水開催】無料開催継続!専門家とあそんで学ぶ親子でグローバルあそび体験&交流会

 

実施主体:一般社団法人シュフレ協会

 主婦フレフレ♪主婦への応援エールを略し名付けられた

一般社団法人シュフレ協会の大人気イベントが再開します。\コロナ禍子育て支援・参加費無料も継続/

 

 今回のあそび体験講師は、神奈川県教育員会特別講師でもある現役理学療法士さん。

◎抱っこの仕方やおむつの替え方など、日常生活で気をつけたい子どもとの接し方

◎お家でできる体幹が鍛えられる親子あそび

◎抱っこやオムツ換えの時の姿勢、負担のかからない動作方法とお家でできるストレッチ 等ご体験いただけます。

 

 あそび体験のあとは「みんなどうしてる?」を知る交流会。テーマは家計管理!シュフレ協会代表理事が実践してきたストレスフリーになる家計管理を伝授いたします。

※毎回お子様の年齢に合わせて遊び体験の内容も変わります。対象年齢をご確認の上お申し込みください。

 

日時/参加対象

令和3年317日(水)10:00~12:00

ひとりでお座りできるお子様からヨチヨチ歩きのお子さまと保護者

 

令和3年421日(水)10:00~12:00

ひとりで歩けるお子様から2歳までのお子様と保護者

 

令和3年526日(水)10:00~12:00

2歳のお子様と保護者

 

●会場

あおばセンター南コミュニティースペース

住所:横浜市都筑区茅ヶ崎中央55-1

アクセス:横浜市営地下鉄センター南駅より徒歩4分

 

参加費

コロナ禍子育て応援として、無料開催継続中

 

●申込方法

下記、申込フォームからお願いいたします。

 

●問い合わせ

一般社団法人シュフレ協会

電話:0120-72-1010 

【3/28(日)開催】被災地にお菓子を届ける会~みんなで一緒に被災地に届ける焼き菓子を作りませんか♪~

 

実施主体:認定NPO法人あっちこっち

 東日本大震災から10年、あっちこっちの活動も今年で同じく10年になります。本当ならばご縁をいただいた宮城県七ヶ浜町、石巻市、福島県いわき市に直接お伺いして、カフェ・コンサートでお互いのこの10年をお話し出来ばどんなに素敵だろうと思います。この状況ではそれが叶わないので、この3か所にお菓子だけを思いを込めてお贈りします。みんなで一緒に被災地に届ける焼き菓子を作りませんか

 
 
●日時

令和3年3月28日(日)9:30~12:30

 

●会場

竹之丸地区センター

住所:横浜市中区竹之丸133‐3

 

●参加費

無料

 

●持ち物

エプロン、三角巾、ハンドタオル(髪の長い人はヘアゴム、マスク

 

●申込方法

Facebookページの参加ボタンを押していただくか、直接メッセージやメールでご連絡下さい。

▼Facebookページ

 

●問い合わせ
認定NPO法人あっちこっち
メールアドレス:info@acchicocchi.com

【3/23(火)開催】子ども食堂とアート体験 「ひな人形を作ってひな檀を飾ろう!」×「ちらし寿司作り」

 

実施主体:認定NPO法人あっちこっち

 親子で気軽に楽しめるアート体験をお楽しみいただけます。アート体験した後は美味しい手作り弁当をお持ち帰りできます。

 コロナウィルス感染防止対策を実施した上での運営実施を致しますので、ご参加をお待ちしてます!


●日時

令和3年3月23日(火)
【開始】17:30(17:15受付開始)
【終了】18:45(予定)

 

●会場

横浜市寿町健康福祉交流センター 1階多目的室
住所:横浜市中区寿町4-14

 

●参加費

ワークショップ: 無料
食事(お弁当): 子ども無料/大人500円
※アート体験終演後にお弁当をお持ち帰りいただきます。会場内でのお食事はございませんので、ご了承ください。

 

●定員

10名 (予約制)

 

●申込方法

お申込の際は、参加者全員の①お名前②年齢③代表者の電話番号を明記し、こちらのアドレスへ↓
info@acchicocci.com

 

●問い合わせ
認定NPO法人あっちこっち
メールアドレス:info@acchicocchi.com
★☆★──────────────
 2.助成金関連情報 :*:★
★☆★──────────────

【6/4(金)申込締切】公益信託中西茂雄高齢者福祉基金助成金

 

実施主体:公益信託中西茂雄高齢者福祉基金運営委員会事務局  

 この基金は、神奈川県内において行われる高齢者への福祉活動、介護者の負担軽減図る活動、高齢者の生きがいを高める活動に対して助成を行い、それぞれの活動を通して高齢者の福祉の向上につながることを目的としています。
 

●助成の対象活動・団体

 つぎの活動を行う非営利団体等(ボランティアグループ・当事者団体・住民参加型在宅福祉サービス活動団体・NPO法人等)や個人で、活動拠点を県内に有する団体・個人(県内に事業所がある又は県内で活動を行っている団体・個人)を対象とします。

  
(1)介護等の援護を必要とする在宅高齢者への支援活動
(2)介護者の日常生活上の負担軽減等を図るための活動
(3)高齢者の福祉の増進を図るため、先駆的、開拓的な活動
(4)高齢者の健康増進、教育・文化等の生きがいを高めるための活動

 
 
●助成金額

1団体(人)の助成は50万円を上限します。

 

●対象期間

2021年度事業を対象とします。


●申請方法

申請書に必要事項を記入いただき、下記書類を添付の上、運営委員会事務局へ募集締切日までにお送り下さい。*申請書は、社会福祉法人横浜市社会福祉協議会のホームページからダウンロードが出来ます。

 

●申請締切

令和3年6月4日(金)

 

●お問合せ・書類送付先

〒220-0004 横浜市西区北幸1-6-1みずほ信託銀行株式会社 横浜支店 公益信託中西茂雄高齢者福祉基金運営委員会事務局  

電話:045-311-4889

 
【3/26(金)申込締切】東京海上日動キャリアサービス働く力応援基金
 
実施主体:株式会社東京海上日動キャリアサービス、公益財団法人パブリックリソース財団

 東京海上日動キャリアサービス 働く力応援基金では、様々な理由で働くことに困難を抱える方々を、働きがいのある就労につなげ、インクルーシブな世界の実現を図ることを目的に活動しています。

 本助成事業では、全ての人が自分で職業を選ぶことができる社会、働く権利を保障される社会を目指し、「働くを求める人」の就労を促進し、社会課題の解決を行う就労支援のNPO等に対し、助成を行います。

 

●助成の対象活動・団体

(1)障害者への支援分野
 次のいずれかに該当する事業を行う団体

 ①就労移行支援事業

 ②就労定着支援事業

 ③就労継続支援A型

 ④就労継続支援B型

 ⑤その他行政からの委託や補助を受けて行う就労支援事業

 ⑥上記のいずれにも該当しない独自の就労支援事業

 

(2)障害者以外への支援分野
  生活困窮者、若者、シングルマザー、引きこもり、児童養護施設出身者、外国にルーツを持つ方など
様々な理由で、就業に困難を抱える人々を対象に就労支援を行い、社会課題の解決や社会の新たな仕事のあり方を提案しようとする団体

 
●助成金額
1団体あたり500万円を上限とする助成金。ただし、申請団体が求職中の利用者に賃金や業務委託費を支払う場合や、利用者の職業訓練中または就労達成時に給付金や奨励金を支払う場合は800万円まで上限を引き上げる。
(※申請内容によって助成金額を査定・減額させていただく場合があります。)

 

●対象期間

単年度の助成(※1年目の助成事業期間は令和3年6月1日~令和4年3月31日となります。)


●申請方法

​必ずホームページから応募要項をダウンロードし、募集内容の詳細ご確認いただいた上で、申請フォームよりご応募ください。

※郵送やメールでの応募は受付対象外となります。必ず申請フォームからご応募ください。

 

●申請締切

令和3年3月26日(金)17:00まで

 

●お問合せ

公益財団法人パブリックリソース財団

※お問い合わせは、下記お問合せフォームより、3月26日(金)12時まで受け付けます。

https://www.info.public.or.jp/employability-fund

【5/31(月)・6/15(火)申込締切】2021年度ニッセイ財団 高齢社会助成
 
実施主体:公益財団法人日本生命財団

 「共に生きる地域コミュニティづくり」を基本テーマに、「地域福祉チャレンジ活動助成」と「実践的研究助成」(「実践的課題研究助成」、「若手実践的課題研究助成」)の募集を行っております。

 

●助成の対象活動

Ⅰ. 地域福祉チャレンジ活動助成

地域包括ケアシステムの展開、そして深化につながる5つのテーマのいずれかに該当する活動

※テーマの詳細はホームページをご確認ください。
 
Ⅱ.実践的研究助成(実践的課題研究・若手実践的課題研究)

「実践的研究助成対象分野・テーマ」に対する課題を明確にした実践的研究

※テーマの詳細はホームページをご確認ください。
 
●助成金額

Ⅰ. 地域福祉チャレンジ活動助成

最大400万(1年最大200万)

 
Ⅱ.実践的研究助成
実践的課題研究:最大400万(1年最大200万)
若手実践的課題研究:総額約700万(1件最大100万)

 

●対象期間

Ⅰ. 地域福祉チャレンジ活動助成

令和3年10月から2年

 
Ⅱ.実践的研究助成

令和3年10月から
実践的課題研究:2年
若手実践的課題研究:1年


●申請方法

​ホームページの募集内容の詳細をよくご確認いただいた上で、必要書類を財団宛にご郵送ください。

 

●申請締切

Ⅰ. 地域福祉チャレンジ活動助成

令和3年5月31日(月) 消印有効

 
Ⅱ.実践的研究助成
令和3年年6月15日(火) 消印有効

 

●お問合せ

〒541-0042  
大阪市中央区今橋3丁目1番7号 日生今橋ビル4階
日本生命財団高齢社会助成事務局
電話:06-6204-4013

【4/6(火)申込締切】ヨコハマアートサイト「横浜で地域と共に活動する芸術⽂化事業」の助成
 
実施主体:ヨコハマアートサイト事務局
 横浜市地域⽂化サポート事業『ヨコハマアートサイト』では、「横浜で地域と共に活動する芸術⽂化事業」を募集します。
 令和3年7⽉〜令和4年1⽉に横浜市内で実施される美術、映像、⾳楽、舞台芸術などにかかわる芸術⽂化活動のうち、以下のいずれかのテーマを含み、期間中に不特定多数が参加できる催しが含まれているものを募集します。オンラインでの事業実施も可能です。

●対象となる事業
・アートフェスティバル
アー⼘を通じて地域資源の魅⼒を引き出し、開催地域内外のにぎわいを創出するもの
 
コミュニティアート
アー⼘を通じて福祉・環境・街づくり・国際交流等における地域課題にアプローチするもの
 
・アートプロジェクト
横浜の歴史や⾃然、景観などに着⽬し、アー⼘を通じて横浜の魅⼒を市内外へ発信するもの

●助成の対象団体
営利を⽬的としない芸術⽂化活動を⾏う芸術団体、市⺠団体、NPOまたこれに準ずる任意団体
 
●助成金額
採択活動は1件につき10万円〜200万円を助成します。

●対象期間
令和3年7月1日から令和4年1月31日まで
 
●申請方法
助成交付要綱を熟読の上、必要事項を記⼊した書類/定款・会則にあたる団体の規約等を⼀部ずつステープラー等で留めずにご郵送ください。(両⾯印刷不可)。

●申請締切
令和3年4月6日(火)※当⽇必着・持込不可
 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【情報掲載について
本メールは、当センター職員と名刺交換を
 された方、メールマガジンに登録を希望された方に、
 市民活動に関するイベント情報や
 助成金情報をお送りしています。


イベントや講座の内容や安全を当センターが保証するものではありません。

本メールマガジンの解除をご希望の方は、本メール最下部の配信停止ボタンよりお手続きをお願いいたします。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


横浜市市民協働推進センターメールマガジン”Civic Times” vol.20(2021年3月11日)

発行 横浜市市民協働推進センター

〒231-0005 

横浜市中区本町6丁目50-10 横浜市庁舎1階


TEL:045-671-4732 FAX:045-223-2888
https://kyodo-c.city.yokohama.lg.jp/

本メールは mm@shimin-sector.jp よりusui@shimin-sector.jp 宛に送信しております。
中区太田町4-49 NGS横濱馬車道802号室, 横浜市, 神奈川県 231-0011, Japan


全てのメーリングリストから配信を停止する。 配信停止 | 登録情報更新 | このメールを転送する | 迷惑メールと報告する