イベント情報他、助成金・コンクール情報も掲載しています
Facebook
Instagram
Twitter
※テキストメールでご覧になっている方へ
正しく表示されない場合はこちら
 こんにちは。横浜市市民協働推進センターの染谷です。 朝夕の通勤途中、公園のセミの声が日増しに大きくなっていて、いよいよ夏本番だな〜と感じます。 

 

 このシーズン、心配なのが大雨による災害ですね。

実は先日の大雨の際にも横浜で、14か所の崖崩れが発生しています。

 

 ぜひぜひ見ていただきたいのがJVOADのホームページに掲載されているノウハウ集です。どんな備えが必要か、とても分かりやすく掲載されています。 

http://jvoad.jp/knowhow/

 

例)※全てPDFで開きます

 ・【コロナ禍でもすぐできる!防災アクションガイド】女性の災害への備え 

 ・【コロナ禍でもすぐできる!防災アクションガイド】大雨・台風への備え

 ・災害の支援事例 「災害時の子育て」

  

  ご自身はもちろん、ふだんの活動の対象とされている方々がいざというとき身を守れるよう、必要な備えを話し合っておきたいですね 

★☆★─────────────
 1.イベント情報 :*:★
★☆★─────────────
【8/28(土)・9/9(木)開催”ポストコロナの”参加の場の開き方
 

実施主体:横浜市市民協働推進センター

 この1年、ずっと走り続けているNPO・団体の皆さんへ

 

 答えのない日々の活動の中で、様々な葛藤の中「これでいいのだろうか」と思いながら、今までの事業を続けるべきか、新しいことに挑戦すべきか…等、自分たちで決断しなくてはならないことが増えていると思います。

 「以前来てくれていた利用者さん、“あの人”の顔を見なくなった。」

 「席数を減らして運営しているので、以前と同じ収入は得られない…」

そんな悩みを団体内のみで抱えていませんか?

 今回は、コミュニティデザイン実践家である坂倉杏介先生の講義後、団体の皆さん同士の対話の時間を設けます。団体内のみでは解決の難しい「課題」を話し他団体と共有することで、ファシリテーターと共に「市民の参加」をリ・デザイン(再構築)するきっかけとします。

  

●日時

 第1回 令和3年 8 月 28 日(土)15:00 ~ 17:30

 第2回 令和3年 9 月 9 日(木)10:00 ~ 12:30  

  ※第2回は、第1回に行った坂倉先生の講座部分は録画視聴となります。

  いずれかご都合の良い日程でご参加ください。

 

●会場

オンライン会議システムzoom 

 
●定員

先着 25 名 / 回  (各団体 3 名まで)

 

●参加費

無料

 

●対象

継続した“参加の場”を運営している市民活動団体の方

  

●申込方法
専用フォーム よりお申込みください

  

●問い合わせ

横浜市市民協働推進センター

https://kyodo-c.city.yokohama.lg.jp/contact/

 

★☆★──────────────
 2.助成金・コンクール関連情報 :*:★
★☆★──────────────
【8/6(金)締切】ブリヂストン BSmile募金
 
実施主体:株式会社ブリヂストン/公益社団法人日本フィランソロピー協会
 株式会社ブリヂストンでは、2017年にグローバルCSR体系「Our Way to Serve」を制定し、「Mobility(モビリティ)」、「People(一人ひとりの生活)」、「Environment(環境)」の3つの重点領域に沿った活動を進めております。
 その一環として、同社の従業員募金制度である“BSmile(ビースマイル)募金”を通じ、SDGsの達成などに向けた社会課題の解決に取り組む団体を支援します。また、本プログラムでは同社も同額を支援するマッチングギフト方式を採っています。
 
●対象
(1)非営利団体(3年以上の活動実績および現在も継続的に活動実施していること)
(2)ブリヂストンのグローバルCSR体系「Our Way to Serve」の3つの重点領域に該当し、SDGsの達成などに向けた社会課題の解決に取り組む団体・事業
 ※詳細は こちら をご覧ください
 
 
●助成金額
 1団体につき100万円、助成総額:900万円
 
●対象期間
 令和4年1月1日から令和4年12月31日までの間における1年間の事業活動
 
●申請方法
 下記送り先まで送付してください。なお、お送りいただいた申請書類は返却いたしません。
 < 申請書送り先 >
  〒100-0004
  東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル244区
  公益社団法人日本フィランソロピー協会
   「BSmile募金」事務局
 
 ※提出書類の詳細については こちら をご覧ください
  
●申請締切
 令和3年8月6日(金)当日消印有効
 
●問い合わせ
 こちら のフォームをご利用くださいますようお願いいたします。
 緊急事態宣言発令中は在宅勤務を基本としており、電話および FAX 対応ができませんので、何とぞご了承ください。
【8/13(金)締切】農林水産省 学校給食用等政府備蓄米交付
 
実施主体:農林水産省農産局穀物課
 農林水産省では、児童・生徒等に「米の備蓄制度」、「ごはん食の重要性」を理解していただくために、学校給食等に使用する米の一部に対し政府備蓄米を無償または有償で交付しています。(米粉パン等用も含まれます)
 
●対象
(1)学校等給食用
(2)学習教材用
(3)試食会
(4)食事提供団体(子ども食堂等)、食材提供団体(子ども宅食)における食育用
 
●交付物
 政府備蓄米
 
●申請方法
 対象により、手引きや申請提出書類が異なりますので、詳細は下記よりご確認ください。
 
【封書で提出する場合】
住所:〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省農産局穀物課米麦流通加工対策室担当者:消費流通第1班

【メールで提出する場合】
メールアドレス:syokuiku_gohan@maff.go.jp
(注)申請のメール件名は以下を記載して下さい。
「食事提供団体における政府備蓄米交付申請書(〇〇子ども食堂等の団体名)」
「食材提供団体における政府備蓄米交付申請書(〇〇子ども宅食等の団体名)」
  
●申請締切
 令和3年8月13日(金)
 
●問い合わせ
農産局穀物課米麦流通加工対策室
担当者:消費流通第1班
代表:03-3502-8111(内線4239)
ダイヤルイン:03-3502-7950
 
【9/15(水)締切】東急子ども応援プログラム
 
実施主体: 東急株式会社
 子どもは一人ひとり多様な可能性を持っています。しかし、慌ただしい生活時間や限られた人間関係の中で、可能性の芽がのびのびと育ちにくい環境があり、さらには、いじめ、引きこもり、家庭内暴力、経済的に困窮する家庭状況や、不安や困りごとなどを抱えている子どもたちもいます。地域には、そうした子どもたちをサポートする、家庭や学校以外での大人たちの活動があり、子どもたちや家族が安全・安心で心豊かに暮らせる生活環境づくりをサポートしています。
 このプログラムでは、子どもたち一人ひとりが望む「幸せ」につながることを願って、皆さまの活動を支援します。
 
●対象
 ・民間非営利団体であること。法人格は問いません
 ・助成対象となる活動地域が東急線沿線の市区内※ にあること
 ・応募締切日(令和3年9月15日)に団体設立後2年以上の活動実績があること
 ・団体のホームページやSNSなどで活動や団体概要が公開されていること
 ・助成開始後、報告書の提出や報告会などへの出席に同意すること
 ・団体の目的や活動が政治・宗教などに偏っておらず反社会的勢力とは一切関わっていないこと
 ※詳細はプログラム概要 をご覧ください
 
●助成金額
1件あたりの助成額:50~100万円(合計10件程度に助成予定)
 
●対象期間
 令和4年4月~令和5年3月(1年間)
 
●申請方法
 下記の WEB サイトよりダウンロードしてください。
 https://kodomo.tokyu.co.jp/program/ 
 
 所定の応募企画書に必要事項を入力の上、電子メールでお送りください。
(送付先は後述「問い合わせ」まで)
  
●申請締切
 令和3年9月1日(水)~令和3年9月15日(水)必着
 
●問い合わせ・応募書類送付先
 東急株式会社 社長室 サステナビリティ推進グループ 社会活動推進担当
 東急子ども応援プログラム事務局
 メールアドレス: kodomo@tkk.tokyu.co.jp
  〒150-8511 東京都渋谷区南平台町 5-6 
 
【9/30(木)締切】横浜市子どもの居場所づくり活動支援補助金
 
実施主体:こども青少年局総務部企画調整課
 こども食堂や学習支援等の子どもの居場所に関する活動は全国に広がり、横浜市でも多くの地域住民の皆様や法人・企業の方々が、様々な形で活動されています。この補助金は、これらの横浜市内の活動が、新型コロナウイルス感染症の影響下においても、創設及び継続・推進されることを目的としています。
 
●対象
 横浜市内において、身近な地域における子どもの居場所づくりを目的とした取組を自主的に行う、又は行う予定がある団体・グループ等であり、かつ、以下の内容をすべて満たすことを要件とします。
 ※詳細は下記募集案内 をご覧ください
 
 
●助成金額
 1取組あたり 10 万円以内
 補助割合:10/10
 
●対象期間
 令和3年4月1日~令和4年3月31日
 ※遅くとも、令和4年1月までに取組を開始し、同年3月末までの3か月間の取組を継続的に行うことが条件となります。
 
●申請方法
 事務局(こども青少年局企画調整課)へ申請期限までに、要綱に定める書類を郵送または E-mail、ウェブサイトによりご提出ください。
 ※詳細は下記募集案内 をご覧ください 
 
●申請締切
 第1回:令和3年9月30日(木)
 第2回:令和3年12月24日(金)
 
●問い合わせ
 ※事前相談も下記にて承ります
 横浜市こども青少年局企画調整課
 担当 : 生野、福山
 電話 :045‐671-4281
 FAX :045‐663-8061
 メールアドレスl: kd-kikaku@city.yokohama.jp 
 
8/31(火)締切】第17回住まいのまちなみコンクール
 
実施主体:一般財団法人 住宅生産振興財団
 このコンクールは、地域の特性を活かし、魅力的な住まいのまちなみを育む維持管理、運営などの活動に実績を上げている住民組織をまちづくりのモデルとして表彰し、支援します。
 
 
●対象
 30戸以上の戸建て住宅を中心に構成され、良好な景観が形成されている一体的な住宅地において、概ね10年以上にわたって住民主体で適切な住まいのまちなみの維持管理活動を行っている団体
 ※詳細は応募要項 をご覧ください。
 
●賞・支援
 ・国土交通大臣賞1点/賞状
 ・住まいのまちなみ賞4点/賞状
 ※受賞5団体に対しては、維持管理活動の推進のための調査検討経費を支援します。
 50万円(1団体・1年あたり)を3年間支援します。
 
●応募方法
 提出内容の用紙を郵送、もしくは、データ(用紙不要)を郵送(CD-R等)かメールで提出してください。
 ※詳細は応募要項 をご覧ください。
 
●応募締切
 令和3年8月31日(火)必着
 
●問い合わせ
 一般財団法人住宅生産振興財団内 住まいのまちなみコンクール事務局
 担当:遠藤・石川
 〒105‐0001
 東京都港区虎ノ門3-11-15 SVAX TTビル5階
 電話: 03-5733-6733
 FAX: 03-5733-6736
 メールアドレス: contest★machinami.or.jp
 (メールアドレスについては★の部分を@に変更し、ご使用ください。)
 
8/31(火)締切】第5回 日本女性学習財団 未来大賞 レポート募集
 
実施主体:一般財団法人 住宅生産振興財団
 「出発・再出発」をテーマに、男女共同参画社会、多様な人々が生きやすい社会の実現に向けて、次への一歩を踏みだしたい/踏みだした人(踏みだす人を支援する人・グループも可)の思いやその過程などをまとめたレポートを募集します。
 
●応募資格
趣旨に関心をお持ちの個人およびグループ。性別・国籍を問いません。
未発表のものに限ります。
 
●金額
 賞 1篇 (奨励金 10万円) 
 
●書式
 5,000~10,000字(見出し、小見出しを含む。)
 
●応募方法
 E-mail 添付ファイル または 郵送(簡易書留)
  
●応募締切
 8月31日(火)当日消印有効
 
●問い合わせ
 公益財団法人日本女性学習財団 第5回未来大賞係
 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館5階
 メールアドレス: jawe@nifty.com
 
★☆★─────────────
 3.センターからのお知らせ :*:★
★☆★─────────────
市民協働推進センターHPMicrosoft社のInternet Explorer11サポート終了に伴うお知らせ 

 横浜市市民協働推進センターは今後の品質改善と安全性向上のため、Internet Explorer11 (以下 IE11) への対応を令和3817日で終了し、以降は非推奨のブラウザといたします。詳しくはお知らせをご覧ください。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【情報掲載について
本メールは、当センター職員と名刺交換を
 された方、メールマガジンに登録を希望された方に、
 市民活動に関するイベント情報や
 助成金情報をお送りしています。


イベントや講座の内容や安全を当センターが保証するものではありません。

本メールマガジンの解除をご希望の方は、本メール最下部の配信停止ボタンよりお手続きをお願いいたします。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


横浜市市民協働推進センターメールマガジン”Civic Times” vol.29(2021年7月29日)

発行 横浜市市民協働推進センター

〒231-0005 

横浜市中区本町6丁目50-10 横浜市庁舎1階


TEL:045-671-4732 FAX:045-223-2888
https://kyodo-c.city.yokohama.lg.jp/

本メールは mm@shimin-sector.jp よりsato@shimin-sector.jp 宛に送信しております。
弁天通6丁目81番 コーケンキャピタルビル 2階C号室, 横浜市, 神奈川県 231-0007, Japan


全てのメーリングリストから配信を停止する。 配信停止 | 登録情報更新 | このメールを転送する | 迷惑メールと報告する